セロテープはダメよ

久し振りのわんこ漫画です。
セロテープについて。

子どもが図書館の本を破ってしまった時など、親切心でテープ補修をされる方がいらっしゃるかもしれません。
でも、ご家庭にあるテープは変色して、やがて本自体もダメにしてしまうことが多いのです。
なのでセロテープが貼られてくると、お気持ちはありがたいのだけど、とても残念な気持ちになります。

図書館には変色しないテープがあります。
本をまるごと包んでいる透明ビニールをブッカーというのですが、あのテープは変色しないのです。
たいていの図書館は、その切れ端を本の補修に使っているはずです。
本が破れたら、どうぞそのままの状態で持って行ってあげてくださいね。
というようなことを伝えるのに、おそらく文字は読まれないだろうなぁ・・・と思ったので、漫画にして伝えることにしました。

もしお使いになりたい方がおられましたら、このままコピーして使っていただいて構いません。
画像荒いですが、小さく印刷する分には大丈夫かと思います。
商用利用はご遠慮願います。
あくまで、図書館の利用の手引きとしてお使い下さいね。